複合キーワード

SEO対策に取り組み始めたばかりの頃に陥りがちなのが、自分が解説するウェブサイ トを一言で表すキーワードを選んでしまうことです。以前、木製の家具を扱っているサイトのSEO対策に携わ った時に、どんなキーワードで上位に表示させたいか尋ねたところ「木 」「木材」という回答が来ました。
しかし 、果たして家具を探しているユーザーが、家具取り扱い サイトを探す時に「木」と検索するで しょうか?ユーザーは家具 のことで頭がいっぱいなのですから、検索する時に使う言葉もむ しろ「家具」でしょう 。
この間違いは、キーワードを「自分のサイトを一言で表すと何か?という発想に基づいている点にあります。私たちがいまここで選択したいキーワードとは、ユーザーがあなたのサイトを探す時に使うキーワードです。自分がもしあの商品やサービスをネ ットで探したい時、どんなキーワードを使おうとするだろうか? という視点で考えてみましょう。

サイト運営者であるあなたが日常的に業務で利用している言葉 ( キーワード)を使うことが必ずしも正しいとはいえません。商品やサービスを普段から取り扱い、その内容をよく知っているサイ ト運営者と 、その商品やサービスについてあまり詳細を知らないユーザーが検索する時に使うキーワー ドは、多くの場合、異なり ます 。

例 をあげてみましょう 。インターネッ ト網を活用した電話、例 えばスカイプを扱っている時、サービス提供側はそれをスカイプと呼んでいても、それに相当するサービスを探すユーザーは「インタ ーネット 電話」「電話通話 ネット」 「ネッ ト 通話無料」といったように、自分が探している機能・ 要件である「インターネッ トを使って通話できること」ネットで 安く会話するという漠然とした中からキーワードを思い浮かべ て検索する場合もあるでしょう 。この傾向は、特に世の中にまだ 存在しない、新しい商品やサービスで顕著になります。
キーワードの選び方、言い換えの言葉を探す
ある同じ商品やサービスを指す場合でも、呼び方が異なる場合があります。例えばネットの光フ ァイバー接続サービスであれば、 「 光」「光ファイバー」といったような言い換えが可能です。ホームページ制作であっても「ホームページ 作成」「ウェブ制作」「ウェブサイト制作」「サイト構築」というように、同じ意味でも異なるいい方ができます。このように、いい 換え ・代替可能な言葉からキーワードになりそうなものを探すこ とも大事です。
他の人とブレインストーミングをする
検索された回数が20億以上もある Yahoo!によると、 1日に 1 回しか検索されないユニークなキーワードは63 %にのぼるそうです 。つまり 、検索される物事は人によって多種多様ですし、入力されるキーワードも人に依存する部分が大きいこと を示しています。 これは、 全く同じ事柄を検索しようとしても、あなたと、あなたの隣にいる人は全く違う検索キーワードを使うということです。 例えば、 2人の大学生が目前に控えた夏休みを前にアルバイトの仕事を探している時、 一方は「バイト 夏休み」と検索するかもし れませんが、もう l人はあらかじめ楽してお金儲けたいと考えていて「アルバイト 塾講師」と検索するかもしれません。 しかし両者ともに、「夏休み中のアルバイトを探したい」という、同じ検索意図を持っているには違いないのです。検索キーワードを選ぶ時は自分l人で考えずに、周りの人、例えば同僚や知人とブレインストーミングをして一緒に検索キーワー ドを考えることも効果的です。 きっと 、あなたが発想もしなかっ た、しかし検索キーワードとしてありそうなアイデアを出してく れるはずです。
検索キーワードは 1 語とは限らない
検索サービスが私たちの日常生活に深く浸透し、同時にユーザーの検索リテラシーが高くなったことで、より効率的に情報を取得するには複数のキーワードを入力した方が見つけやすい ということを学習したことが背景にあると考えられます。 ともかく、ユーザーは検索時に複数のキーワードを入力する傾向があること、 一方で、1語キーワードでの検索も多いことから、 SEO対策をする際には複数のキーワードを意識する必要があり ます 。 また、複数キーワード はよくセッ トで検索される組み合わせがあります。

おすすめ:SEO対策を東京でお探しの方/東京SEOメーカーがおすすめです。