キーワードの変化

一般的にマーケテイングなどの分野では、売上げ上位2割の合計が全体の8割を占めるといわれます。 例えば、 2割の社員が8割働く、 2割の顧客から8割の売上げといっ た具合です。
そうなると、 小売店のように商品棚や在庫を置く倉庫などの制約を受けるビジネスにおいては、売れ筋の20% を集めて、その他 (80%) の売上げが見込めない商品は取り扱わないといった事態が起こります。
しかし、アマゾンなどのオンライン小売店は、商品棚に制約が なく、在庫や物流コストも従来の企業と比較して抑えられること から、その他の80%の商品を扱い、多品種少量販売で利益を上げ ることが可能です。特に、検索エンジンの存在によってユーザー は、ニッチな商品でも直接探しだそうとする行動をとるため、 当該商品のウェブページを 用意することでビジネスを成立させるこ とができるのです。
ユーザーが検索するキーワードはたくさんあります。例えはEコマースならメーカー、 商品名、ブランド、型番、商品カ テコリー 、etc と多岐にわたり、商品点数分だけのワードが存在する。

さて、 SEO対策をおこなう 上でも検索数が多い一般キーワー ドのみを狙った場合、確かに検索順位をあげることで相当のトラフイックを見込むことができるでしょう 。 しかし 同時に、あなたの扱う商材に興味があるユーザーを失うことになります。
消費者の購買ステージによって 検索キーワードは変わります し、同様に1つ1つのキーワードが消費者の消費行動に沿って線でつないだ時、成果に間接的に貢献している場合もあります。単純に検索数という角度で考えても、検索 数が少ないけれども検索意図が明確なユーザーのトラフイツクを 集める ことで、サイトの集客力そのものを高めることができます。ロングテ ール理論の観点からも、 集客を効率的におこなうには 幅広い検索キーワードに対ー応することが望ましいといえます。

現在は企業がウエブサイトで会社概要や事業内容、 IRやプレスリリー スを発信することは一般的です。 ところで、目的は「自社のサイ トに情報をアップロードすること」ではなく、消費者に届けることにありますし、同時に、消費者やステークホルダーがあなたの企業に関する特定の情報をほしいと思った時に、速やかにそれを届けられるしくみを作っておく必要がありま す。それができないなら 、ただの自己満足です。