訪問者の滞在時間を延ばす

訪問者の滞在時間を延ばすためのテクニック
サイトあたりの滞在時間を延ばすことも、 SEO対策では有益なコンテンツかどうかの指標となり重要です。1ページあたりの滞在時間が長いということは、それだけ、そのページの内容が よく読まれていたり、掲載されている写真や動画が見られていると推測できます。反対に滞在時間が短いということは、そのページの コンテンツに興味を持たなかったか、コンテンツの量自体が少なすぎるということです。検索してたどりついたWebぺージを閲覧したも のの、 内容が役立つものでなかったのですぐに離脱してしまった経験があるユーザーは多いはずです。 1ページあたりの滞在時間が短いと良いことは何もありません。長ければ長いほど、よく読まれているという ことに なり、Googleからも良質のコンテン ツと評価されている可能性が高いので、 1ページあたりの滞在時間を延ばす工
夫をしてみましょう 。1ページあたりの滞在時間が上がるということは、サイト全体の滞在時間も上がるということを意味します。
コンテ ンツの内容を別にして、1ページあ たりの滞在時間を短くしてしまう最たる要因は、 Webページの表示時間が長いという こと です。表示に時間が
かかると、 ユーザーは待ちきれず、他のページへ移動 してしまいます。サイト
の滞在時間も短くなり、 Googleからの評価も下がり、結果的に検索結果の表
示順位に悪影響を及ぼすのです。 一般的には2秒以内の表示であればユーザーが許容できる範囲です。もし、運営しているWebサイ トの 表示時間が遅く感 じるならば、Googleアナリティクスの「サイトの速度」機能を使って調査してみま しょう。 ページの平均表示時間が表示されます。