HTMLソース

アクセス解析ツール Googleアナリティクスでは、 ユーザーがぺージをクリックして表示するまでの時間も計測できる。 Webページ、の表示時間は、ブラウザやインターネットの接続環境にも影響を受けますが、表示時間を短くするポイントは、「反応速度の速いレンタルサーバを選択すること」 「HTML のソースコードを軽くすること 」「 画像などブラウザで表示させるデータを軽くすること」の3点になります。 もし、特に大きい画像ファイルもないのにWebページの表示速度が他のWebページ、よりも遅いと感じた場合はレンタルサーバの共有者を疑うべきで す。大半のレンタルサーバはサーバを1アカウン卜で独占して使用しているの ではなく、何十人ものユーザーで1つのサーバを共有しています。この中に、とんでもなくサーバに負荷をかけるようなサービスを提供していたり、アクセス数が膨大なユーザーがいた場合は、 他のユーザーも影響を受けてWebページの表示速度が遅くなります。ただし、どんなユーザーとサーバを共有するかは、運でし かなく、 同じレ ンタルサーバ会社でもサーバを変更すると途端に快適に動き 出すこと はよくある ことです。 次にHTMLのソースコー ドを軽くすることです。CSSファイルやJavaスクリプ卜など外部ファイルにできるファイルは、そのページの HTMLに直接記述するのではなく、外部ファイ ル化し て、そ のページ本体の HTMLのコードを極力軽くシンプルなものにしましょう。
最後にチェックす るのは、表示させる画像など の大きいサイ ズのファイ ルが 合計どのぐらいあるかです。 1ページに表示させるファイルサイズが大きけれ
ば大きいほど、ページの表示速度は遅くなります。
また、 WordPress の表示が遅い場合は、動的な ページ生成から静的なページ生成に変更することも検討 しまし ょう。