段階的にプロモーションの範囲を広げる

【しっかりとした受け皿があるか】
Webサイトの宣伝を考えるのであれば、いきなり検索連動型広告を出すのではなく、まずはWebサイトがアクセスの受け皿になっているか?しっかり作り込めているか?を再確認してください。
せっかく宣伝費を使って検索連動型広告やパナー広告、メルマガ広告などを出したとしても、宣伝媒体からのアクセスをWebサイトが受けきれなければ、ザルのようにアクセスを逃してしまうからです。
もしアクセスを受けきれていない場合は、まずはWebサイトを企画や設計の段階から見直し、リニューアルすることが先決です。
しっかりと受け皿として機能するレベルのWebサイトになってから、初めて広告や宣伝というステップに移ることができるのです。

【検索サイトに存在を知ってもらう】
次に検索サイトにWebサイトの存在を知ってもらう必要があります。検索サイトがそのWebサイトの存在を知らないということをリアル社会にたとえるなら、電話番号は持っているけど、電話帳に載っていないという状態です。
以前は検索サイ トの登録は無料だったのですが、現在では登録にも費用が必要な時代になってしまいました。
有料の登録をしなくても、検索サイトのクローラーが訪れて登録されることもありますが、何カ月後に掲載されるかま ったく分からない扱いです。
趣味のWebサイトであればいつ掲載されても問題はないのですが、ビジネスの場合はそういうわけにもいかないので、現在では有料の登録サービスを利用するのが一般的になりました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*