No Picture

各国で異なる主要検索エンジン

December 12, 2017 admin 0

世界の検索エンジンマーケットを制しているのはGoogleだと書きましたが、アジアにおける個々の国々を見ると事情が違ってきます。ご存じのように日本では、Yahoo! JAPANがトップシェアを誇ります(ただし、2010年以降Yahoo! JAPANはGoogleの検索データを利用しており、実質的にはGoogleが日本の検索エンジン市場を制しているといえます)。さらに、ほかのアジア諸国を見ると中国はBaidu、韓国はNAVERがそれぞれトップシェアを獲得しています。 これには理由があります。日本を含め、上記の国はすべて2バイト言語の国(英語は1バイト)なのです。Googleはそもそもアメリカでスタートした検索エンジンなので、当然、lバイトの言語からスタートしています。この違いが現在のアジアの検索エンジンマーケットシェアに表れていると言えるでしょう。 この違いは大きく、欧米企業がアジアや日本のウェブマーケテイングで失敗する理由のlつにもなっています、アジ、アのマーケットを十分理解しないまま、欧米の知識のみでSEO SEMを実施するからです。 もちろん、日本企業が海外向けにウエブマーケテイングを行う場合にも同じことが言えます。インハウスで実施するなら、最低限対象国の事情をわかっている人材(理想的にはネイテイブスタッフがベスト)、アウトソーシングする場合は、海外SEOSEM事情を把握している広告代理庖などをチームに加え、相談しながら進めていきましょう。

No Picture

URLの正規化とは?

November 12, 2017 admin 0

URL正規化とは、複数存在するURLを、1つに統一することです。 なぜ、URLを統一する必要があるのでしょうか?また、URLを統一するとはいったいどういうことなのでしょうか? その理由は、重複コンテンツという概念によります。重複コンテンツとは、ページの内容が同じであるにも関わらず、異なるURLを持っているWebページのことです。よくある例としては、ブラウザのアドレス欄に http://www.7eyese.com/ http://www.7eyese.com/index.html のどちらのURLを入力しても、同じWebページが表示される場合があります。 これが、重複コンテンツです。 ただし、http:/八八Iww.7eyese.com/index.htmlと入力してページが表示された際、自動的にURLがhttp://www.7eyese.com/ に置き換わっている場合は、正規化できているということで問題ありません。これは、URLが正しいものに転送されているということです。 コンテンツが同じでURLが異なる場合、ユーザーには問題になりませんが、検索エンジンはします。

No Picture

内部リンクの整理

July 14, 2017 admin 0

内部リンクの整理のために、まずやらなくてはいけないのが、サイトマップのページを作ることである。 トップページから、どのような階層にページが分かれていて、それがどのよ うな商品ページ分類されているのか、ひと目で分かるような図を作ることが大切である。 そして、ホームページの左右に配置する「サイドメニュー」、上層部分に配置する「ヘッダー」、下層部分に配置する 「フッタ 」には、お客さんがどのページに飛び込んでも、自由にいろいろなページに行き来できるような、親切なリンクの案内を配置しなくてはいけない。 特に、自分がどこのページにいるのかを把握するための 「パンくずリスト」などは、必須事項として設置したほうがいいだろう。 ただし、内部リンクを設置する際に注意して欲しいのが、誘導する時に使用するキーワードである。 例えば、フレンチレストランのホームページを作った場合、商品の紹介ページからトップページにお客さんを誘導したい時に、案内で「 トップはコチラというリンクを張り込んだとしよう。しかし、検索エンジンは、そのリンクをトップはコチラという“テキス卜”でしか認識してくれないので、検索エンジン上で「“トップ”と“コチ ラ”に詳しい ホームページという、バカげた認識しかしてくれないのである。だから、ちし、フレンチレストランが 「フレンチという検索キーワードで上位表示を狙っ ているのであれば、リンクのテキス卜文章も フレンチのトップページはコチラ と書き込まなくてはいけない。 このように、 リンクのテキス ト内容に注意しながら、内部リンクを整理してあげると、検索エンジンもスムーズにホームペ ジの中を巡回してくれる。 。

No Picture

リンクはサイトの価値を高める

June 10, 2017 admin 0

Yahoo! JAPAN やGoogleなど検索エンジンの多くはリンクの評価もポイン トの 1つとして重視している。そのため、できるだけ多くの外部サイトからのリンクを集めておきたい。誰かから自分のサイトにリンクを張ってもらうのを待つのではなく、こちらからリンクを張ってもらうように働きかけることが重要である。コーポレ ー トサイトやショッピングサイトであれば、関連会社のサイトやグループサイトからリンクを張ってもらうよう呼びかけると よいだろう 。また、ディレクトリ型検索エンジンの登録はもちろん、無料リンク集へ リンク 依頼することもできる。ただし、 リンクを依頼する際には 次 のポイン卜を押さえておくことが重要です。

No Picture

エイジングフィルタ

May 19, 2017 admin 0

取得したばかりのドメインで上位表示することは競合が多いキーワードにおいては難しいでしょう。 特に Google 検索で知られていることですが、エイジングフィルタというアルゴリズムがあ り、公開されたばかりのドメインは上位表示されにくくなっています。これは、すぐ消えては次々と現れるフィッシング詐欺などの悪質サイトや、実績に欠けるECサイトなど、Google が検索ユーザーに勧められない情報を上位に表示しないための仕組みです。

No Picture

キーワードの出現率

May 19, 2017 admin 0

SEO対策のキーワードの出現率を細かく調整するのは大変なのでだいたいでもいいのか。キーワード出現率という概念は数年前からありますが、出現率の調整によって順位が大きく動くととはなくなりました。キーワード出現率の目的は、「検索エンジンロボッ卜にページのテーマを理解してもうう」ことであり、そのための一手段でしかないのです。 ただし、大体といっても、それは出現率の調整自体にそれほど意昧がないということであり、一般にいわれているように、大体5%に合わせればいい、というわけではありません。SEO対策の最も重要なキーワードがページ内に 5%あったとして、同じページ内にどうでもいいキ ーワードが 10%存在したら、どうでしょう? 巡回したロボッ卜に、どうでもいい方のキーワードがそのページのテーマではないか、と間違った理解をされてしまう恐れがないでしょうか 結論として、キーワード出現率は、「パーセンテージ」を意識するより、「他キーワードとの相対的量」を意識し、ページ内で最も出現率が多くなるよう調整することが重要です。

No Picture

SEOの情報

May 19, 2017 admin 0

SEOの手法について、さまざまな情報サイトによって意見が食い違っていることが多く、個人からSEOの専門家まで、それぞれが矛盾するような意見を表明 していることがあります。しかし SEOの特性上、それもやむを得ないのです。 検索順位を決定するアルゴリズムは、人為的な検索順位操作を防ぐため、半ばブラックボックス化されており、一般の人がそれを知るには、実際の検索順位の動きから推測するしかありません。そのため、きちんと検証されていない経験則や勘による決め付け、受け 売りの知識が氾濫してしまいがちです。 100%正確な解答ができるのは、 Yahoo! 、Google それぞれのアルゴリズムをコントロールする人だけです。SEO情報を全て鵜呑みにはせず、冷静に選別しましょう。

No Picture

プレス リリースを配信する

May 17, 2017 admin 0

出稿企業側も掲載メディア側も、共にウィン-ウィンの関係にあるマーケティング手法があります。 外部リンクの獲得も、ブランドの認知向上も、アクセスの向上も、全てを獲得できる。 それがプレスリリースの配信です。 自社サイト独自のニュース、コンテンツ、サービス文を作成します。 プレスリリ ースとは? プレスリリ ースとは、企業が自社の商品やサービスなど保有する情報を、 二ュースサイト運宮企業、 新聞社、出版社、放送局などに発信することをいいます 。 そのプレスリリ ースは、内容の価値に応じて、メディアの発信者により選別され、 Webサイト、新聞、雑誌、 テレビに取り上げられ一般に広まります。 情報を発信する企業には 情報が無料で届けられること 、ニュース媒体には媒体コンテンツとなること 、閲覧者には有用な情報となります。 最近では、登録ユーザーへの電子メ ールまたはWebサイトでの告知が主な発信手段 となっています。

No Picture

相互リンク

February 23, 2017 admin 0

リンクしたサイトに 相互リンクを申し込もう。SEO外部対策ではリンク依頼をどんどん出しましょう。リンク集に選んだサイトに、相互リンクを申し込みましょう。また、あなた の会社がWebサイト を持っていたり、親しくお付き合いしているお客様のWebサイトのリンクやブログを駆便して 相互リンクを申し 込みましょう。 「相互リンク」ですから、マナ ーとしてまずはあなたのWebサイトのリンク集に他サイトへのりンクを張り、それからリンクを張ったWebサイトにリンク依頼を出すのが正しい順番です。メールは、失礼のないよう、かつリンクしてもらえるような文章で出しましょう 。 よく、リンクにパナ一広告をたくさん貼ってあるサイトがありますが、画像として扱われるパナ一広告では、 キーワードのSEO効果を得られません。すでに自サイ トのパナーを貼ってもらってしまって いる場合は、上記のようなテキストリ ンク に差し替えるか、画像の脇にテキストを追加してもらってください。 相互リンクはなかなかされにくいものですので、根気よくコツコツと続けていきましょう。 ◎SEOを格安でやるなら東京SEOメーカー

No Picture

内部リンク

February 23, 2017 admin 0

サイト全体の構造をみてリンクを確認しよう。 これまで作業をしてきて、 SEO対策的に有効なサイトができてきたと思い ます 。そこで、今日はサイト全体の構造やリンクをチェックして、問 題点がないかどうかを確認して みま しょう 。 あなたのサイ トは「ツリー型」にできていますか。 ツリ ー型というのは、サイト構 造がトップページから下に行くほど大きくなる形になっていることです。 このときの注意点は「階層が深くなり過ぎない」ことです。「トップページから 3~ 4クリックくらいで、どのページにも辿り着けると、お客様にも検索エンジンにも優しいサ イトに なります。くれぐれも、リンク切れがないかどうかチェックしてください。リンク切れがあると、 そこで検索エンジンのロボットが止まってしまい、評価も下がってしまいます。お客様に対しても、イメージがよくありません。テキストリンクを意識してつけているか。パンくずリストや「フッタリンク」以外にも、本文中のテキ ストにリ ンク(アンカ ー リンク)を入れると効果的です。 ◎格安SEOの東京SEOメーカー